材木岩公園 A

スパッシュランドパークから車で10分弱程度のところにある材木岩公園
ついでに久しぶりに足を延ばしてみました。

材木岩とは、巨斑紫蘇輝石石英安山岩が水成岩(白石川の水面の近くに見える水平層)の基盤を貫いて
地表面に噴出し、急激に冷え固まるときに三角から六角柱状の節理をあらわしたものです。
高さ65m、巨大な材木を垂直に100mほどの距離に立て並べたような自然の造形です。
昭和5年(1930)5月1日、国指定天然記念物。(観光協会のHPより引用

 材木岩公園の中には風穴」を利用した氷室が再現されています。
明治時代に利用されていたものですが、その後詳細が分からなくなっていましたが、白石市教育委員会が発掘調査し、おおまかな当時の様子を知ることが出来るようになり、公園が整地された折りに一緒に復元されました。
 氷室の詳細は「こちら」をどうぞ。(ページに下にスクロールすると氷室の説明があります)
氷室の中はこんな感じ。
中の温度は10度以下。
人々の大きさからわかるように、
とても大きな木がありました。
ユリかなぁ。
巨木の下にひっそりと花を咲かせていました。



PHOTOに戻る
inserted by FC2 system