材木岩公園 @

スパッシュランドパークから車で10分弱程度のところにある材木岩公園
ついでに久しぶりに足を延ばしてみました。
白石市内から、113号線をまっすぐ…車でゆっ〜くり走って30分くらい。

材木岩とは、巨斑紫蘇輝石石英安山岩が水成岩(白石川の水面の近くに見える水平層)の基盤を貫いて
地表面に噴出し、急激に冷え固まるときに三角から六角柱状の節理をあらわしたものです。
高さ65m、巨大な材木を垂直に100mほどの距離に立て並べたような自然の造形です。
昭和5年(1930)5月1日、国指定天然記念物。(観光協会のHPより引用

 材木岩公園の中には、剣断屋敷と言うのものが復元されています。
上戸沢部落は山中七ヶ宿街道の最南端に位置し20数件ほどからなる山間小集落で、仙台藩境の番所がおかれていた宿場でした。
 七ヶ宿街道は、福島県小阪(現福島県国見町)から、上戸沢、下戸沢、渡瀬、関、滑津、峠田、湯原を経て、山形県上ノ山に至る街道で上戸沢から湯原まで仙台藩領の七つの宿場の存在から七ヶ宿街道と呼ばれています。上戸沢には、本陣はなく検断屋敷(宿場の伝馬人足を取り仕切る:木村家)が準本陣として、大名などの休憩にあてられていました。
(観光協会のホームページより引用)
材木を立てかけたような形の岩
写真左奥に小さな人影があります。
人の大きさから材木岩の大きさも
想像できると思います。
間近なところで見上げるとこんな感じ。
材木岩公園は平成5年に整地され
材木岩公園と虎岩公園とで構成する
「水と石との語らいの公園」となりました。


が、この材木岩。
今から30年近く前には、崖に上った人もいましたし、崖の真下までも行けました。
 けっこう危険だったのかも…。
数年前の地震で崩れた箇所



PHOTOに戻る
inserted by FC2 system