2007年2月18日 角田市郷土資料館「雛人形」

隣町は角田市の角田市郷土資料館に「雛人形」を見に行ってきました。

 郷土資料館は、明治から大正にかけて建築された氏家丈吉氏の邸宅を譲り受けたものを改装・整備されたものです。

 メインに飾ってあったお雛様は、伊達政宗の娘である「牟宇姫」が角田の石川家に嫁いできたときに持参したものです。
 すでに400年近い年月が経過していることもあり、劣化を防ぐため当然撮影は禁止。そしてに年にお雛様の期間だけ展示されるものです。
 お雛様の大きさは高さ45cm・幅66cmととても大きなものです。
 皆さんにお見せできないのが残念ですが、機会あれば是非足を運んでいただければと思います。

 ここの蔵は大変立派で、各蔵には縄文時代の発掘品をはじめ、平安・奈良といった時代の出土品も合わせて展示されています。

 
この表門は角田城の門を
移築したものといわれています
 
明治維新の折、角田城が
解体されたときの資材を使用して
この建物が建てられたそうです
 
時代背景は明確ではありませが、明治・大正時代のものと思われる
お雛様がいくつか展示されていました。


PHOTOに戻る

inserted by FC2 system